フォローする

DIMSCALE システム変数

更新 : 2017-02-07 04:06:48 UTC

DIMSCALE

機能の説明:

DIMSCALE システム変数は、多くの寸法変数(要素サイズ、間隔、オフセット)に適用する尺度係数を指定します。

タイプ

実数

保存先

図面

初期値

1.0000

このシステム変数は、LEADER コマンドによって作成される、引出線オブジェクトにも適用されます。MLEADER コマンドによって作成される、マルチ引出線オブジェクトの尺度は、MLEADERSCALE コマンドによって指定します。

システム変数の値:

0.0: 現在のビューポート オブジェクトのカスタム尺度プロパティにより、尺度係数を計算します。ペーパー空間またはビューポート オブジェクトを使用しないでモデル空間で作図するとき、尺度係数は 1.0 になります。
正の値: 寸法値の高さ、寸法矢印サイズ、寸法線のオフセットやサイズは、この係数によって計算します。
DIMSCALE システム変数は、計測値、基点、角度には影響しません。
寸法スタイルが異尺度注釈対応のとき、DIMSCALE システム変数は自動的に 0 になり、寸法の尺度係数は、CANNOSCALE システム変数を使用します。異尺度寸法を適用すると、DIMSCALE システム変数は 0 以外の値になりません。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント