フォローする

INTERFEREVPVS システム変数

更新 : 2017-02-09 04:07:51 UTC

INTERFEREVPVS

機能の説明:

INTERFEREVPVS システム変数は、干渉オブジェクトをチェックするときの、表示スタイルを指定します。

タイプ

文字列

保存先

図面

初期値

""

INTERFEREVPVS システム変数は、図面に保存された表示スタイルのみ指定できます。
PURGE コマンドは、INTERFEREVPVS システム変数で指定している表示スタイルを削除できません。  

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント