フォローする

DIMTVP システム変数

更新 : 2017-02-07 04:38:48 UTC

DIMTVP

機能の説明:

DIMTVP システム変数は、寸法線の上または下に寸法値を記入するときの、垂直位置を指定します。

タイプ 

実数  

保存先 

図面 

初期値 

0.0000

DIMTAD が 0 のとき、DIMTVP の値を使用します。
垂直オフセットは、文字の高さと DIMTVP の値で決まります。
DIMTVP を 1 にすると、DIMTAD を 1 (上)にしたときと同じ結果になります。
DIMTVP の絶対値が 0.7 より小さいとき、寸法値の位置で寸法線が切断されます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント