フォローする

DRAWORDERCTL システム変数

更新 : 2017-02-07 04:50:07 UTC

DRAWORDERCTL

機能の説明:

DRAWORDERCTL システム変数は、重なったオブジェクトを編集するときの、標準の表示設定を指定します。

タイプ

整数

保存先

図面

初期値

3

範囲

0 ~ 3

システム変数の値:

0: 重なったオブジェクトの標準の表示順序を無効にします。図面を再作図または再オープンするまで、表示順序を考慮せずに、修正したオブジェクトを手前に表示します。この設定は、表示順序の継承も無効にします。下記のコマンドで新しくオブジェクトを作成したとき、新しいオブジェクトには表示順序の継承を行いません。該当するコマンドは、BREAK、FILLET、HATCH、HATCHEDIT、EXPLODE、TRIM、JOIN、PEDIT、OFFSET です。この設定は、たくさんの図形がある図面の編集速度を大幅に改善します。
1: 標準の表示順序を有効にします。オブジェクトの修正後、オブジェクトは自動的に正しい順序で表示されます。
2: 表示順序の継承を有効にします。上記のコマンドで生成されたオブジェクトは元のオブジェクトの表示順序を継承します。
3: 完全な表示順序設定を有効にします。オブジェクトは正しい表示順序で表示され、表示順序の継承も有効にします。
注: 完全な表示順序設定は、図面の編集速度に影響します。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント