フォローする

FRAME システム変数

更新 : 2017-02-07 05:09:18 UTC

FRAME

機能の説明:

FRAME システム変数は、画像、アンダーレイ、外部参照クリップのフレームの表示方法を指定します。

タイプ

整数

保存先

図面

初期値

3

範囲

0 ~ 3

FRAME システム変数の値が変更されると、IMAGEFRAME、DWFFRAME、PDFFRAME、DGNFRAME、XCLIPFRAME システム変数の値を、FRAME の値と同じになるよう変更します。

システム変数の値:

0: フレームを表示、印刷しません。
オブジェクトが選択されたり、選択セットがハイライトされたときにフレームを一時的に表示します。
1: フレームを表示、印刷します。
2: フレームを表示しますが、印刷しません。
3: 設定はオブジェクトの種類によって異なります。
注: 特定のオブジェクトのフレームの設定が、他のオブジェクトと異なるとき、FRAME は 3 になります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント