フォローする

XLOADCTL システム変数

更新 : 2017-02-10 03:55:20 UTC

XLOADCTL

機能の説明:

XLOADCTL システム変数は、外部参照デマンド ロードを有効にするかどうかや、外部参照図面のコピーを使用するかどうかを指定します。

タイプ

整数

保存先

レジストリ

初期値

2

範囲

0 ~ 2

システム変数の値:

0: デマンド ロードしません。図面全体をロードします。
1: デマンド ロードします。外部参照図面を開き、ロックします。
2: デマンド ロードします。外部参照のコピーを開き、ロックします。外部参照図面はロックしません。
2 のとき、外部参照図面のコピーを、XLOADPATH システム変数で指定した、テンポラリ外部参照ファイル フォルダにコピーします。
ネットワークで作業するとき、外部参照をロードする速度が速くなります。複数の外部参照をアタッチした図面を開くとき、パフォーマンスの向上がより顕著になります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント