フォローする

PALETTEOPAQUE システム変数

更新 : 2018-05-14 01:51:33 UTC

PALETTEOPAQUE

機能の説明:

PALETTEOPAQUE システム変数は、パレットを不透明にするかどうかを指定します。

タイプ

整数

保存先

レジストリ

初期値

0

範囲

0 ~ 3

透明化が利用できるとき、ショートカット メニューから、アクティブなパレットまたはすべてのパレットで、透明化オプションが使えるようになります。以下の条件で、透明化は利用不可になります。パレットがドッキングしているとき。オペレーティング システムが透明化をサポートしていないとき。ハードウェア アクセラレーションが有効なとき。

システム変数の値:

0: パレットの透明化は使用できません。
1: パレットの透明化が使用できます。
2: パレットの透明化は、ハードウェアやオペレーティング システムにより使用できません。
3: パレットの透明化はオンですが、ハードウェアやオペレーティング システムにより使用できません。
ハードウェア アクセラレーションが有効なとき、2 と3 が指定できます。ハードウェア アクセラレーションが無効なとき、0 と 1 のみ指定できます。
注: このシステム変数は、ショートカット メニューの「透明化」オプションで指定できます。「透明化」ダイアログ ボックスの「一般」設定の「ウィンドウの透明化を無効にする」オプションは、PALETTEOPAQUE システム変数によって指定します。

 

* このシステム変数は、互換用に実装されています。IJCAD ではパレットの不透明化に対応していないため、変更しても動作に影響はありません。(IJCAD 2018 現在.)

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント