フォローする

PSLTSCALE システム変数

更新 : 2017-02-10 03:27:03 UTC

PSLTSCALE

機能の説明:

PSLTSCALE システム変数は、ペーパー空間ビューポート内のオブジェクトの線種尺度を指定します。

タイプ 

整数 

保存先 

図面

初期値 

1

範囲

0,1

システム変数の値:

0: 線種尺度の特別な処理を行いません。線種による破線の長さは、オブジェクトを作成した空間(ペーパーまたはモデル)の、図面単位に基づいて生成されます。LTSCALE コマンドを使用して、グローバル線種尺度係数で調整できます。
1: ビューポート尺度によって、線種尺度を指定します。TILEMODE が 0 のとき、線種による破線の長さは、ペーパー空間の図面単位に基づいて生成されます(モデル空間のオブジェクトと同様)。このモードでは、ビューポートは複数の尺度係数を持つことができますが、それらは同じ線種パターンで表示されます。特定の線種で、ビューポートの中の図形の破線の長さは、ペーパー空間の図形の破線の長さと同じになります。LTSCALE コマンドを使用して、破線の長さを調節することは可能です。
PSLTSCALE の設定を変更するか、PSLTSCALE が 1 のときに ZOOM コマンドなどを使用しても、ビューポートの中のオブジェクトの破線の長さは自動的に更新されません。REGEN または REGENALL コマンドによって、それぞれのビューポートの線種尺度を更新します。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント