フォローする

TEXTEVAL システム変数

更新 : 2017-02-10 03:46:09 UTC

TEXTEVAL

機能の説明:

TEXTEVAL システム変数は、TEXT または -TEXT コマンドで入力した文字列を、どのように評価するかを指定します。

タイプ

整数

保存先

保存されない

初期値

0

範囲

0,1

システム変数の値:

0: 文字や属性値を入力するとき、入力した内容はそのまま使用されます。
1: 左カッコ「 ( 」 と、感嘆符「 ! 」から始まる文字列は、LISP 式として評価されてから使用されます。
スクリプトや LISP 式から TEXT コマンドを呼び出した場合、入力した文字列は、TEXTEVAL の値に従って評価されます。-TEXT コマンドは、常に TEXTEVAL の値に従って評価されます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント