フォローする

WHIPTHREAD システム変数

更新 : 2017-02-10 03:54:12 UTC

WHIPTHREAD

機能の説明:

WHIPTHREAD システム変数は、図面の再描画や再作図が必要なズームなどの操作のスピードを改善するために、追加のプロセッサを使用するかどうかを指定します。WHIPTHREAD は、シングル プロセッサのコンピュータでは効果がありません。

タイプ

整数

保存先

レジストリ

初期値

1

範囲

0 ~ 3

システム変数の値:

0: マルチ スレッド処理を行いません。再作図や再描画はシングル プロセッサで行います。
1: 再作図のみマルチスレッド処理します。マルチ プロセッサのコンピュータで、再作図処理を 2 つのプロセッサに分散します。
2: 再描画のみマルチ スレッド処理します。マルチ プロセッサのコンピュータで、再描画処理を 2 つのプロセッサに分散します。
3: 再作図と再描画をマルチ スレッド処理します。マルチ プロセッサのコンピュータで、再作図と再描画処理を 2 つのプロセッサに分散します。
再描画操作をマルチ スレッド処理すると、DRAWORDER コマンドで指定したオブジェクトの表示順序は、表示に関して保証されません。ただし印刷では保証されます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント