フォローする

交差切断(CBK)コマンドで切断する

更新 : 2017-02-07 01:58:08 UTC

対象製品 : IJCAD 2013 以降 (STD / PRO グレード)

交差切断(_cbk)コマンドは、 交差する線分・ポリラインを一定の間隔を開けて切断するコマンドです。

切断する線は個別にクリックする必要があります。(フェンス選択などの一括選択は不可。)

上段:切断前、下段:切断後

切断の幅は、cbkwid コマンドで設定することができます。

cbkwid=1 の設定で切断線から 1 離れた位置で切断されます。(両側が切断される場合は、合計 2 の切断幅。)

交差切断(CBK)コマンドはポリラインのグローバル幅を考慮しますが、線の太さは考慮されません。
たとえば、ポリラインのグローバル幅=5 の線に交差する線を cbkwid=5 の設定で切断すると、片側2.5+5、両側の計は 15 の切断幅になります。

 

cbkwid の値はセッション中のみ有効で、保存されません。

 

関連コマンド

  • オブジェクト切断 (IJCAD 2017 より)

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント