フォローする

【ネットワーク版】ライセンスマネージャー更新手順

更新 : 2019-06-18 06:52:16 UTC

IJCAD 2017以降を利用する場合、ネットワークライセンスマネージャーを最新版に更新する必要があります。

 

既存のサーバーでライセンスマネージャーを入れ替える場合と、新サーバーに最新版のライセンスマネージャーを入れる場合で手順が異なりますのでご注意ください。

 

※ライセンス管理ツールやオプション設定をされている方は下記ファイルのバックアップをとっておくことを強くお勧めします。

・ gstarlms.opt オプションファイル(存在しない場合があります)
・ userset.ini ユーザ定義ファイル(Ver 1.5より追加されました)
・ licFile.lic ポートの設定ファイル
・ liclog.log ログファイル

【既存サーバー内でライセンスマネージャーのバージョンを更新する場合】

1.LMToolsを起動し、[Start/Stop/Reread]タブより[StopServer]をクリック

2017-04-21_14h09_21.png

2.「サービス」より「IJCAD」の状態が「停止」または空欄になっていることを確認

 「開始」や「開始中」の場合右クリックより「停止」を選択

2017-04-21_14h16_23.png

3.旧ライセンスマネージャーをアンインストール

4.インストールフォルダを削除(デフォルトの場合 C:\IJCAD NetWork License Manager)

5.サーバー機を再起動

6.新ライセンスマネージャーをインストール

 ※バックアップファイルを作成した場合、インストールフォルダ内のファイルと置き換えてください。

7.インストールフォルダ(デフォルトの場合 C:\IJCAD NetWork License Manager)内の下記ファイルに対してフルコントロール権限を付与

・liclog.log

・lmgrd.exe

・licFile.lic

____________.png

 

8.[IJCADライセンス管理]ダイアログにて、[ポート設定]よりポート1.ポート2を設定

2017-04-21_14h54_24.png

9.LMToolsを起動し[Start/Stop/Reread]タブの[StopServer]ボタンをクリック後、[StartServer]ボタンをクリック

LMTools下部に「Server Start Succesfull」と表示されるか、「サービス」内で「IJCAD」が開始されていた場合 更新完了です。

 

 

【新サーバーに最新版ライセンスマネージャーをインストールする場合】

1.新ライセンスマネージャーをインストール

2.インストールフォルダ(デフォルトの場合 C:\IJCAD NetWork License Manager)内の下記ファイルに対して

 フルコントロール権限を付与

・liclog.log

・lmgrd.exe

・licFile.lic

3.[IJCADライセンス管理]ダイアログにて、[ポート設定]よりポート1.ポート2を設定

4.LMToolsを起動し[Start/Stop/Reread]タブの[StopServer]ボタンをクリック後、[StartServer]ボタンをクリック

 上記手順で、LMTools下部に「Server Start Succesfull」と表示されるか、「サービス」内で「IJCAD」が開始されていた場合 更新完了です。

この後、新規の場合と同様にアクティベーション作業を行ってください。

※旧サーバーで使用していたライセンスを新サーバーのライセンスマネージャーに移す場合には、新サーバーでアクティベーション作業を行う前に旧サーバーでライセンスの返却が必要です。

返却の手順については添付のセットアップマニュアル【4.ライセンスの移行】をご覧ください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント