フォローする

印刷スタイルについて

更新 : 2019-07-06 16:15:52 UTC

一つの図面ファイルでは、名前の付いた印刷スタイルまたは色従属印刷スタイルのどちらか一方のみ使用することができ、両方の印刷スタイルを使用することはできません。

開いている図面ファイルの印刷スタイルタイプは システム変数 PSTYLEMODE で確認することが出来ます。 

 

色従属印刷スタイルとは

色従属印刷スタイルを使用している図面では、オブジェクトと画層に色別に印刷プロパティが割り当てられます。
つまり、同じ色のすべてのオブジェクトは同じ印刷プロパティが割り当てられます。

拡張子は「.ctb」です。

 

名前の付いた印刷スタイルとは

名前の付いた印刷スタイルに変換すると、色の割り当てに関係なく、オブジェクトや画層に適用可能な図面になります。
つまり、同じ色のすべてのオブジェクトに、異なる印刷プロパティを割り当てることができる図面になります。

拡張子は「.stb」です。

 

印刷スタイルを変更するには

図面を作成した後で、色従属印刷スタイルと名前の付いた印刷スタイルとを相互に変更する際は 「印刷スタイル変換(convertpstyles)」コマンドで変更が可能です。

 

色従属印刷スタイルから名前の付いた印刷スタイルに変換すると、以下のダイアログが表示されます。

 2019-04-01_17h36_28.png

 

名前の付いた印刷スタイルから色従属印刷スタイルに変換すると、以下のダイアログが表示されます。

2019-04-01_17h37_13.png

この記事は役に立ちましたか?
7人中4人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

  • Avatar
    nakamura-j

    IJCAD2014(32bit)で使用していた.ctbファイルが2016(64bit)では認識しません。
    変換方法があれば教えてください。