フォローする

文字に背景マスクを追加する方法

更新 : 2019-04-04 07:55:21 UTC

対象製品 : IJCAD 2013 以降

文字を図形と重なる部分に配置する場合などで、文字が見やすくなるように背景を塗りつぶしたいケースがあります。

そのような場合は、マルチテキストの背景マスクを使用すると便利です。

マルチテキストの背景マスク設定は、マルチテキストを編集する際のマルチテキストエディタで、右クリック(またはエディタツールバーの右にあるボタン)から設定します。

IJCAD_2017_PRO_-_______.dwg__2017-05-26_15.02.38.png

 

背景マスクのメニューをクリックすると、ダイアログが表示されます。
「背景マスクを使用」をチェックして「OK」ボタンをクリックすると、背景マスクが有効になります。

______2017-05-26_14.57.53.png

背景マスク ダイアログの設定内容

  • [背景マスクを使用]
    文字の背景を不透明にします。

  • [境界のオフセット係数]
    不透明な背景に対しての文字周りの余白を指定します。係数値は文字高さが基準になっていす。
    係数は1.0から5.0 の範囲で、 1.0 = マルチ テキスト範囲が余白なしの状態。係数を 2.0 にすると、背景の余白が文字の高さの 1.0 倍(つまり一文字分の余白)になります。

  • [塗り潰し色]
    背景の色を指定します。
    • [図面の背景色を使用]
      背景の色を図面の背景と同じ色にします。
    • 色 コントロール
      不透明な背景の色を指定します。色のリストから色を選択するか、[色選択]を選択して[色選択]ダイアログ ボックスから新たに色を選択することもできます。「図面の背景色を使用」にチェックが入っていない時に選択できます。

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント