フォローする

エイリアス(コマンドの短縮形)のカスタマイズ

更新 : 2019-04-04 08:08:24 UTC

対象製品 : IJCAD 2014 以降

IJCAD は、AutoCAD と同様にコマンドのエイリアス(短縮形)で機能を実行する機能があります。
(古い IJCAD で "別名" と呼ばれていたものと同じです。)

たとえば、初期の状態では、LINE コマンドは L、円コマンドは C、移動コマンドは M といったエイリアスが設定されています。

このエイリアスの割り当ては、「エイリアスを編集(_ALIASEDIT)」のコマンドにてカスタマイズすることが出来ます。

下イメージは、CC のエイリアスに COPYCLIP を登録し、登録後に実行したケースのサンプルです。

ALIASEDIT_ij17.png

cc_ij17.png

 

なお、エイリアスの情報は gcad.pgp ファイルに保存されているので、テキストエディタにて編集することも可能です。各行ごとに下記の書式で1コマンドを記述します。

<エイリアス>,*<コマンド名>

前述の COPYCLIP の場合は 

CC,*COPYCLIP

となります。

 

なお、 gcad.pgp ファイルは初期設定としては、以下のフォルダにあります。

C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Roaming\INTELLIJAPAN\IJCAD <グレード>\<バージョン>\JA-JP\SUPPORT

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント