フォローする

AutoCAD LT のカスタマイズメニューを IJCAD に移植するには

更新 : 2017-03-01 06:54:19 UTC

対象製品 : IJCAD 2014 /2015 / 2016 / 2017

 

AutoCAD標準メニューのカスタマイズについて

  • 標準メニューの移行ツールは用意されていないため、標準メニューのカスタマイズについてはそのまま移行はできませんが、部分カスタマイズメニューとして読み込んでから、編集することが可能です。

 

部分カスタマイズファイルについて

  • 部分カスタマイズファイルについては、menuload または cui コマンドから、.mnu/.mns/.cui/.cuix のファイルをロードする事ができます。

 

 

参考記事:

カスタマイズ用のcuixの作成 

 

注意

  • 旧形式のスクリーンメニューには対応していません。
  • イメージ タイル メニューについては、 IJCAD 2014/2015 は利用不可。IJCAD 2016 は利用可です。
  • ステータスバーの幅は取得できません。つまり、メニューマクロで以下のようなLISP式が記述されていても無効です。
    (setq modelen (menucmd "M=$(linelen)"))
  • 文字列として $ や \ 記号を指定しているようなマクロは、適切に処理されません。スクリプトやLISPファイルなどメニューマクロ外に記述する形で実行されるように改修が必要です。

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント