フォローする

データのファイルサイズを小さくする方法はありますか

更新 : 2016-10-27 01:35:26 UTC

対象製品 : IJCAD 2013 以降

 

データを軽くしたい場合は、以下の様な方法があります。

  • PURGE[名前削除] コマンドを実行する。
    名前削除コマンドは、図面内でまったく使用されていないブロック図形や使っていない画層などの定義を削除することが出来る機能です。
    不要な情報を削除することで図面ファイルが小さくなることがあります。

    手順:
    1. 図面を開きます。
    2. PURGE[名前削除]コマンドを実行します。


    3. 「名前削除可能な項目を表示」、「ネストされた項目も名前削除」を選び「すべて名前削除」をクリックします。名前のついていないオブジェクトがチェック可能になっている場合は、チェックします。
    4. 「閉じる」をクリックしダイアログを閉じます。
    5. 一旦図面を名前を付けて保存により保存し、開いている図面を閉じます。
    6. 保存した図面を開いて確認します。

  • 名前をつけて保存する
    IJCAD では 通常保存のパフォーマンスを向上するために、インクリメンタルパーセンテージの設定により、ファイル内の変更差分を保存する設定になっています。「名前をつけて保存」にて保存を行うと差分で追加されている部分がなくなるため、ファイルが小さくなることがあります。

  • OLEのイメージサイズを小さくする
    図面内にイメージをOLEで貼り付けている場合は、イメージのサイズを小さくすることでファイルサイズを小さくすることができます。(イメージを小さくすると、当然画像の内容は荒くなりますのでご注意下さい。)


  • DXFファイルの場合: DWG 形式、または バイナリDXF形式で保存する
    一般的に交換されているDXFファイルは、テキスト形式のDXFファイルがほとんどです。
    このテキスト形式のデータはDWGファイルやバイナリDXF形式で保存することで、おおむね1/6程度のファイルサイズになります。(ファイルの内容によります。)

    注:バイナリDXFファイルは、他のソフトウェアでは対応していない場合があります。

  • 異尺度対応オブジェクトの表示の正確性を保持 を OFF にする
    オプション設定で、この設定をOFFにして、名前をつけて保存すると異尺度に関連した情報が最小限になり、結果的にファイルサイズが小さくなります。但し、OFF の状態で保存されたデータは、異尺度対応でないバージョンの IJCAD(2013 以前)、AutoCAD や 他CADソフトで開いた場合、図面の表示が崩れる可能性が高くなるので注意が必要です。

 

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント