フォローする

JWW書き出しで、JWCADのレイヤーに振り分けされた状態にするには

更新 : 2017-08-25 05:36:08 UTC

対象製品 : IJCAD 2014 / 2015 / 2016

 

IJCAD のJWW書き出しでは、決められたルールに従った画層名にしておくことで、書き出されるデータを、JWCAD の画層に割り振られた状態で書き出しできます。

画層名のルールは下のとおりです。

  • "JWWのグループ番号"-”レイヤ番号” "レイヤ名"

 

例えば、”0”グループの”A”レイヤに「通り芯」画層を設定したい場合

画層名は "0-A 通り芯" とします。

画層名の設定が不要であれば、 "0-A" だけでもOK。

 

画層変換の仕様

DWG

JWW

フリーズ画層

JWW環境設定に準ずる
*フリーズ画層を出力する・しないの設定があります。

非表示画層

非表示は、JWの非表示レイヤにする

ロック画層

ロックは、JWの読み込み専用レイヤにする

表示し、フリーズ/ロックなし画層

読み書き可能レイヤにする

 

※画層の登録先について

  • 画層名にJWW画層番号があればその値に対応する画層に図形を登録します。
  • 画層名にJWW画層番号が無い場合、未登録の画層を追加し、登録します。
  • 256画層を超える場合その画層の図形は0-0に図形を登録します。
  • また、画層名はヘッダに保存します。

 

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント