フォローする

.NET - addline .Netアプリケーションのビルドと実行

更新 : 2017-02-02 06:46:16 UTC

対象製品: IJCAD 2015 以降(STDグレード以上)

次の手順で、addline .Netアプリケーションをビルドし実行します

  1. Visual Studio を起動します。
  2. ファイルメニュー ► 開く ► プロジェクト/ソリューション を選択します。 
  3. ソリューションファイル C:\Dev\grxsdk\samples\dotnet\addline\addline.csproj を開きます。
  4. プロジェクトを保存すると C:\Dev\grxsdk\samples\dotnet\addline\addline.sln を自動的に作成します。

 

参照を解決する

次の手順で、これらのアセンブリの参照を解決します。

  1. ソリューションエクスプローラを表示すると、gmap と gmdb が未解決です。


  2. addline プロジェクトを右クリックして、プロパティを選択し、「参照パス」ページを表示します。
  3. フォルダー入力ボックスの隣の参照ボタンより、IJCAD の実行ファイルフォルダを指定し、
    「フォルダーの追加」ボタンで追加します。



  4. ソリューションエクスプローラの gmap と gmdb が未解決しました。



  5. gmap と gmdb はローカルコピーしないようにプロパティを変更します。

 

addline アプリケーションのビルド

次の手順で, addline アプリケーションをビルドできます.

  1. Any CPU プラットフォームと Release ソリューション構成を選択します。
  2. ビルドメニュー ► 開く ► ソリューションのビルド を選択します。

 

addline アプリケーションの実行

次の手順で, addline アプリケーションを実行できます.

  1. IJCAD を起動します。
  2. NETLOADコマンドを実行します。
  3. addline.dll ファイルをロードします。
  4. コマンドプロンプトに ADDLINE と入力すると、原点から線分を作図します。 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント