フォローする

ADS によるプログラミングの概要

更新 : 2017-02-02 01:05:28 UTC

対象製品: IJCAD 2014 以降 (STDグレード以上)

GRXSDK によってADSアプリケーションを 最小限の修正で IJCAD 用にビルドできます。

GRXSDK によってビルドした ADS アプリケーションは、AutoCAD の ADSrx アプリケーションに相当し、その拡張子は GRXです。

GRXファイルは、APPLOADコマンドや(arxload)関数でロードします。ロードしたGRXファイルはAPPLOADコマンドや(arxunload)関数でアンロードできます。

カスタム コマンドや、外部定義 LISP 関数を作成できます。

ダイアログなどユーザーインターフェースは、DCLで作成します。

 

ADS 関連コマンドについて

ADSアプリケーションは GRXファイルとしてビルドされるので、APPLOADコマンドやARXコマンドで管理します。

 

ADS 関連 LISP 関数について

ADSアプリケーションは GRXファイルとしてビルドされるので、(arx),(arxload),(arxunload),(autoarxload)関数で管理します。
IJCAD 2014 からは ADS アプリケーションを扱う (ads),(xload),(xunload),(autoxload) 関数はありません。

 

関連記事

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント