フォローする

コマンド起動時オプションについて

更新 : 2017-02-01 08:19:49 UTC

対象製品: IJCAD 2014 以降

Windows の スタートボタンの「ファイル名を指定して実行」や、アプリケーションアイコンの起動パラメータとして記述するコマンド起動時パラメータは次の書式です。

"<<IJCAD インストルパス>>\GCAD.EXE" [起動時オプション] [図面ファイル名]

起動時オプションや図面ファイル名は複数指定できます。

起動時オプションは次のものがあります。

オプション 意味
/B スクリプト 起動時に実行するスクリプトを指定する
/T テンプレート 起動時に使用するテンプレートを指定する
/LD アプリケーション 起動時にロードするGRX ファイルを指定する
/V ビュー名 図面に定義されたビュー範囲を表示します
/S サポートフォルダ 指定したサポートフォルダを使用します。パスの区切り文字は;セミコロンです。
/P プロファイル 指定したプロファイルを使用します。
/W ワークスペース 指定したワークスペースを使用します。
/nologo アプリケーションロゴを表示しません。
/automation オートメーションサーバーとして非表示で起動します。

 

フォルダ名、ファイル名、名前にスペースが含まれる場合は、"(ダブルクォーテーションマーク)で囲んでください。たとえば次のようにします。

"C:\Program Files\ITJP\IJCAD 2017 PRO\GCAD.EXE" /W "2D 製図"
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント