フォローする

【ネットワーク版】 ライセンスマネージャーとライセンス管理ツールについて

更新 : 2017-09-25 04:25:49 UTC

対象製品:IJCAD 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017 の ネットワーク版

 

IJCAD をネットワーク版で利用する場合、「ネットワークライセンスマネージャー」のインストールが必須となります。

 

ネットワークライセンスマネージャーはサーバマシンにインストールして、ネットワーク版のシリアルキー・ライセンスキーによりライセンス認証を行ってください。
(※ネットワーク版はオンライン認証未対応なため、メール認証になります。2016年 現在)

 

「ライセンス管理ツール」は、ネットワークライセンスの使用状況をグラフィカルに確認することのできるツールで、任意でご利用いただけるものとなります。(ネットワークライセンス保守の特典となっております。)

「ライセンス管理ツール」にはサーバ用・クライアント用があり、サーバマシンには、サーバー用をインストールして、プロダクトキーを使って認証します。

クライアントマシンにはクライアント用をインストールし、サーバーマシンにインストールした「ライセンス管理ツール」との接続する設定をして利用します。(クライアント用をサーバーマシンにインストールして利用することも可能です。) 

詳しくは、各セットアップマニュアルをご覧ください。

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント