フォローする

EXCEL の表を IJCAD に貼り付ける方法

更新 : 2017-02-23 05:30:56 UTC

対象製品 : IJCAD 2014 / 2015 / 2016 / 2017

EXCEL の表データを IJCAD に取り込む方法はいくつかあります。

OLE データとして貼り付け

  1. エクセルで、CADへコピーしたい範囲を選択し、CTRL+C のショートカットでクリップボードへコピーします。
  2. IJCAD で表を貼り付けたい図面ファイルを開きます。
  3. CTRL+V のショートカットで貼り付けコマンドを実行します。
  4. 貼り付ける際に、「OLEテキストサイズ」のダイアログが表示されることがあります。
    作図中の図面尺度に合わせて文字高さを変えたい場合は入力して変更してOKボタンをクリックします。
  5. OLEの挿入位置(左下点)を指示します。
  6. OLEデータとして表が作成されます。
  • OLEデータとして貼り付ける場合、CAD上で貼り付けたデータをダブルクリックすると元のアプリケーションが起動して編集することができます。ただし、もとのアプリケーションない環境で図面データを開くとOLEデータの部分が表示されなかったり、編集できない状態になりますのでご注意ください。

 

CAD の図形として貼り付け

  1. エクセルで、CADへコピーしたい範囲を選択し、CTRL+C のショートカットでクリップボードへコピーします。
  2. IJCAD で表を貼り付けたい図面ファイルを開きます。
  3. 「形式を指定して貼り付け」コマンドを実行します。
  4. 貼り付けの形式から「IJCAD エンティティ」を選択してOKボタンをクリックします。
  5. 貼り付け位置(左上点)を指示します。
    (コピーした表の内容によっては貼り付け位置の指示が始まるまで時間がかかる事があります。)

  6. CAD の図形(文字と線分)として表が作成されます。
  • CAD の図形として貼り付けた場合、もとのエクセルデータとはリンクしない形になり、もとのエクセルデータが無くてもいい状態になります。作成された表の内容を修正したい場合は、エクセルデータではなく IJCAD に作成されたデータを編集することになります。

 

Note: エクセルでコピーしたデータを表(Table)図形としての貼り付けには対応していません。(IJCAD 2017 時点)

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント