フォローする

ユーザー変数を使用する

更新 : 2016-10-28 05:58:03 UTC

対象製品 : IJCAD 2013 以降

 

作図時に一時的に値を保存しておきたい場合、次のユーザ変数が使用できます。

ユーザ変数は、コマンドラインやメニューマクロで格納・取得が可能です。

  • 実数の格納: USERR1、USERR2、USERR3、USERR4、USERR5
  • 整数の格納: USERI1、USERI2、USERI3、USERI4、USERI5
  • 文字列の格納:USERS1、USERS2、USERS3、USERS4、USERS5 

USERR1-5, USERI1-5 は図面ファイルに保存されます。
USERS1-5 は保存されません。

 

上記変数の他に、IJCAD では、開発APIが利用可能(LTグレード除く)なため、保存しておきたい値をAPI からレジストリや、テキストファイルなどの形で保存しておく事ができます。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント