フォローする

AutoCAD で作成した配列複写で問題が起こる場合の対処方法

更新 : 2016-11-02 08:40:03 UTC

対象製品 : IJCAD 2013 以降

AutoCAD 2012 以降のバージョンで配列コマンドにより作成された図形は、標準では「配列複写」というひとまとまりの図形になります。

IJCAD では、現在のバージョン(IJCAD 2016 時点)において、この「配列複写」図形を「配列複写」図形として扱うようにはなっておりません。AutoCAD で作成された、「配列複写」図形は、IJCAD では「ブロック参照」図形として認識されます。

これは、IJCAD 上で扱う限りにおいては特に問題にはなりませんが、ブロックとして形状を変更したり、コピーしたりしたものを保存して、AutoCAD 2012 以降でデータを開いた場合にうまく読み込めない状態になることがあります。そのため、AutoCAD とデータ交換するファイルの場合は、配列複写図形は分解コマンドで分解してから編集していただくと問題が起こりにくくなります。

 

IJCAD と AutoCAD での配列複写図形の表示の違いサンプルイメージ
(左:IJCAD2016 、右:AutoCAD 2017 )

 

* 配列複写図形も含め、IJCAD が対応していない図形でブロックとして認識されるものは、無名ブロック (*U<数値> )として表示されます。このようなデータを、IJCAD で編集する場合は、上記の説明と同様に分解コマンドで分解してから編集すると他CAD とのデータ交換時に問題が起こりにくくなります。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント