フォローする

【ネットワーク版】 貸し出し(借用)手順

更新 : 2018-03-15 05:50:09 UTC

対象製品: IJCAD 2014 以降

ネットワークライセンスでは、ライセンスの貸出機能により、サーバーからクライアントのマシンへライセンスを期限付きで貸出することができます。 (借用期間中はサーバーから取得できるライセンス数は減ります)

ライセンスの貸出を行うと、インターネット環境の整っていない場所でも、ライセンスの使用が可能になり、借用期限が過ぎると、ライセンスはサーバーへと自動的に返却されます。

また、クライアントからの返却の処理により借用期間内でもライセンスを返却することも可能です。

※ 冗長型ライセンスサーバーで運用されている場合、貸出機能は利用できません。

 

貸し出しの手順

  1. 貸し出しに必要な情報の準備
    • ライセンスキー : サーバーに登録されているネットワークライセンスのライセンスキー。(4桁x8個 の英数字)
    • サーバー名 : ライセンスを取得するサーバーのIP アドレス。
    • ポート : ライセンスを取得するサーバーで設定したポート番号。
  2. 貸し出ししたいクライアントPCにて、IJCADライセンス管理の起動します。
    Windows7の場合
    [スタート]→[すべてのプログラム]→[IJCAD XXXX PRO/STD/LT]→[IJCADライセンス管理]を選択します。

    Windows8・8.1の場合
    [スタート]→[すべてのアプリ(↓)]→[IJCAD XXXX PRO/STD/LT]→[IJCAD ライセンス管理]を選択します。

  3. 「ネットワーク貸出」ボタンをクリック。


  4. ダイアログで、各情報を入力します。

    • ライセンスキー : サーバーに登録されているネットワークライセンスのライセンスキー。(4桁x8個 の英数字)
    • サーバー名 : ライセンスを取得するサーバーのIP アドレス。
    • ポート : ライセンスを取得するサーバーで設定したポート番号。
    • 有効期限 : 借用期限を入力します。(最長180日、指定日当日まで利用可。)

  5. 「接続テスト」ボタンをクリック。

  6. 接続に問題がなければ、「貸出」ボタンをクリック。

  7. 貸し出し成功のメッセージを表示されたら貸し出しされた状態になります。
    [ライセンス管理]ダイアログに、借用したライセンスの情報が表示されて いることを確認してください。


    承認タイプ : Served Activation
    状態 : Enable
    満了日 : 貸し出し期限の日付

  8. ライセンス管理のOKボタンをクリックして終了します。

  9. クライアントPC をネットワークから外した状態で、IJCAD を起動して、動作に問題がないか(体験版として起動しないか)確認してください。

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント