フォローする

メニューに Express やPlus しか表示されなくなった場合の対処方法

更新 : 2020-07-31 00:32:39 UTC

対象製品: IJCAD 2013 以降

 

原因

標準メニューやリボンが表示されなくなってしまう現象は、同じバージョンの IJCAD を複数起動して利用している場合に起きやすくなることが確認されています。

 

対処方法

IJCAD の標準メニューが表示されなくなってしまった場合は、以下の手順で、メニューファイルを復旧して下さい。
※以下の手順はgcad.cuix (デフォルト状態)に戻す手順です。
gcad.cuix以外のファイルを使用してカスタマイズしている場合はご注意ください。

 

以下に手順を記してありますが、動画もございますので、こちらからご確認ください。

(内容は以下手順と同じですが、IJCAD 2014 以降の手順のため IJCAD 2013 をご利用の方は 以下の手順を参照することをおすすめします。)

 

手順

      1. IJCAD のアプリケーションアイコンからオプションを表示する。
      2. オプションの"ファイル"タブを開いて、以下の項目を開く。

        【IJCAD 2014以降の場合】
        "カスタマイズファイル"の"メインカスタマイズファイル"の項目

【IJCAD 2013の場合】
"カスタムファイル"の項目2017-07-24_14h09_59.png

メインカスタマイズファイルの項目が "gcad.cuix" または"icad.cui"になっていない場合、[参照]ボタンから、gcad.cuix のファイルを選択する。
標準の gcad.cuix ファイルの場所は、以下のとおりです。"<>"の中は、ご利用のPCに応じて読み替えて下さい。

製品名  ファイルの場所 
IJCAD 2013 C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Roaming\ITJP\IJCAD 2013 <グレード> JPN\icad.cui
IJCAD 2014  C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Roaming\IntelliJapan\IJCAD <グレード>\R13.0\ja-JP\support\gcad.cuix
IJCAD 2015 C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Roaming\IntelliJapan\IJCAD <グレード>\R15.0\ja-JP\support\gcad.cuix
IJCAD 2016 C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Roaming\IntelliJapan\IJCAD <グレード>\R16.0\ja-JP\support\gcad.cuix
IJCAD 2017  C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Roaming\IntelliJapan\IJCAD <グレード>\R17.0\ja-JP\support\gcad.cuix
IJCAD 2018 C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Roaming\IntelliJapan\IJCAD <グレード> \R18\ja-JP\support\gcad.cuix 
IJCAD 2019 C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Roaming\IntelliJapan\IJCAD <グレード> \R19\ja-JP\support\gcad.cuix 
IJCAD 2020 C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Roaming\IntelliJapan\IJCAD <グレード> \R20\ja-JP\support\gcad.cuix 

 
※Appdata フォルダが見当たらない場合こちらの記事を参考にWindowsエクスプローラーの設定をお試しください

3.オプションダイアログの「適用」ボタンをクリックする。(この時点で表示が更新されます。)

4.「OK」ボタンでオプションを終了します。

5.IJCAD を一度終了して、10秒程度時間をおいてから再実行します。

6.標準メニューが問題なく表示されていることを確認します。

 

上記の設定で、標準メニューは読み込まれるが、部分的に足りなかったり、機能しないコマンドなどがある場合、メインメニューファイルの破損が考えられます。その場合は、3. で参照した、"gcad.cuix" または”icad.cui”のファイルを削除してから IJCAD を起動してみて下さい。

 

参考記事:

この記事は役に立ちましたか?
5人中5人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント