フォローする

帳票画面に関して教えてください

更新 : 2016-02-26 06:47:33 UTC

『作成』パネルにはお客様の設計環境に合わせた、カタログ・表題欄・帳票 等を作成する機能が盛り込まれています。

『帳票』
回路設計・機器配置設計で使用する帳票の作成を支援するコマンドです。

『IJE Config』タブ→『作成』パネル→『帳票』を選択します。

IJCAD Electricalでは、回路図から帳票を作成する事が可能です。
※帳票を作成する場合は、IJCAD Electricalの回路シンボルを使用する必要があります。

『フォーム種別』
目的に応じた帳票のフォームを作成する事ができます。
フォーム種別を変更する事で、対象となる属性が変わります。
  • 『部品表(器具番号+ロケーション)』
  • 『部品集計表(メーカー+型番)』
  • 『接続リスト』
  • 『端子台表』
  • 『目次』
『基本属性』
『フォーム種別』『目次』を選択した際に、プルダウンで指定が可能になります。
『属性』コマンドで作成した属性グループを表示させることが可能になります。

『データ行の作成方向』
帳票を作成する際の方向(上下)を指定します。

『タイトルの下方向』
『タイトルの上方向』

『属性』
シンボルで使用している属性の一覧が表示されます。
『選択属性』(右の画面)
『列幅』:表内の列幅を修正する事ができます。
『追加>>』
選択した属性を追加します。
『<<削除』
『追加>>』で追加した属性の中で選択した属性を削除します。
『<<すべて削除』
『追加>>』で追加した属性をすべて削除します。
『個別挿入』
属性一覧内で選択している属性を個別に挿入します。
この機能では、表の罫線は作成されません。
『▲』
選択した属性を上位(表内では左)へ移動します。
『▼』
選択した属性を下位(表内では右)へ移動します。
『出力イメージ』
『選択属性』画面で指定した表のイメージを表示します。
『挿入』
図面ファイル上に選択属性を含めた表を配置します。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント