フォローする

1.配線とは?

更新 : 2016-03-17 00:41:30 UTC

IJCAD Electrical専用で、電気回路用の配線を線分コマンドのように作図し、折れ曲った一筆書きの線分を配線(ワイヤー)と呼びます。
一筆書きでも途中で折れ曲っている配線の頂点区切りの線分ごとをセグメントと呼びます。

配線は、単線での作図を行います。
この配線(ワイヤー)は、専用の結線図用シンボルを図形上に配置した時に、重なった部分をカットする為の線分です。

また、このコマンドで、作図した配線(ワイヤー)には、交わる処(T字路)に接続点(交点マーク)シンボルが自動で入力されます。
作図の際は、直行モード、またスナップを有効にして作図することをお勧めします。

 

『IJE』タブ→『配線』→『配線』を選択します。

  1. ページ内の任意の場所から、1点目を指定して、2点目で終了したり、引き続き3点目、4点目と指定していきます。
  2. 配線と配線の交わる点に接続点(交点マーク)シンボルが入力されます。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント