フォローする

【USB版】 IJCAD を起動したまま PC がスリープやスタンバイになった時の注意点

更新 : 2017-10-12 08:18:08 UTC

対象製品: IJCAD 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017

IJCAD の USB版を使用していて、IJCAD を起動したまま PC がスリープやスタンバイになった場合、USBキーの接続が切れることがあります。

この場合、 PC が復帰した際には以下のようにライセンス選択画面が表示されますが、その際 USB キーの接続が切れたままの状態で進めてしまうと、体験版状態で起動しますのでご注意下さい。

PC の復帰時にライセンス選択画面が表示された場合は、以下の手順で進めることをおすすめします。

  1. IJCAD ライセンス登録 の画面が表示されていたら、画面はそのままにした状態で、一度PC に接続されている IJCAD の USB キーを外します。


  2. 少ししてから、USB キーを再度接続します。
  3. USBキーのライトが付いている事を確認します。

  4. IJCAD ライセンス登録ウィンドウのライセンス方式が USB になっている事を確認し、[OK]ボタンをクリックします。
  5. IJCAD の画面に戻ったら、作図を継続する事ができます。

尚、4. で[OK]ボタンをクリックした後で、下記のライセンス認証のメッセージが表示された場合、USBキーがうまく認識されずに起動してしまった状態となります。


この場合、体験版として起動していますので、体験期間が終了している場合は、ファイルが保存できない状態での継続となるため、体験期間が終了した ビュアー状態での継続になった場合は、IJCAD を一度終了するまで保存や書き出しができない状態ですので、ご注意下さい。

 

ランチタイムや会議など、長時間 CAD を起動したまま放置する状況になる場合は、そのまえに一度ファイルを保存しておくことをお勧めいたします。

 

関連記事

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント