フォローする

マイグレーションツールとは何ですか?

更新 : 2019-07-17 00:16:32 UTC

対象製品:IJCAD 2019 以降

IJCAD 2019 より、マイグレーションツールが実装されました。
マイグレーションツールを使用することで、簡単に環境の保存と復元が行えます。

詳細は、本記事の最後にある「マイグレーションツール_マニュアル.pdf」をご覧ください。

 

マイグレーションツールの使い方

IJCAD 2018 以前のバージョンから IJCAD 2019 へ移行する方法

  1. IJCAD 2019 のスタートアップメニューから「マイグレーションツール」を起動してください。
  2. 環境を移行したい IJCAD(今まで使用していた IJCAD)を「書き出し元」の一覧から選択して、「書き出し」ボタンを押してください。
  3. 「名前を付けて保存」ダイアログが開きますので、わかりやすい場所に、わかりやすいファイル名で保存してください。
  4. 指定した保存先に ZIP 形式のファイルが作成されていることを確認してください。
  5. ZIP 形式のファイルを「読み込み」の「参照」ボタンから選択してください。
  6. 書き出し元の IJCAD で使用していたプロファイル名を選択し、読み込み先」として移行先の「IJCAD 2019」を指定してください。
  7. CUIX ファイル オプションで「置き換え」を指定し、「読み込み」ボタンを押してください。
  8. 「読み込みが終了しました」というメッセージが表示されたら完了です。

 

IJCAD 2019 から別のパソコン上の IJCAD 2019 へ移行する方法

  1. IJCAD 2019 のスタートアップメニューから「マイグレーションツール」を起動してください。
  2. 環境を移行したい IJCAD(環境設定済みの IJCAD 2019)を「書き出し元」の一覧から選択して、「バックアップ」ボタンを押してください。
  3. 「名前を付けて保存」ダイアログが開きますので、わかりやすい場所に、わかりやすいファイル名で保存してください。
  4. 保存先に ZIP 形式のファイルが作成されていることを確認して、移行先のパソコンへ ZIP ファイルを移動してください。
  5. 移行先の IJCAD 2019 がインストールされたパソコンのスタートアップメニューから「マイグレーションツール」を起動してください。
  6. バックアップ元の IJCAD 2019 で使用していたプロファイル名を選択し、「読み込み先」としての「IJCAD 2019」を指定してください。
  7. CUIX ファイル オプションで「置き換え」を指定し「読み込み」ボタンを押してください。
  8. 「読み込みが終了しました」というメッセージが表示されたら完了です。

 

注意点

マイグレーションツールが使用できるのは、
・PRO 版から PRO 版へ といった同グレード間での移行、
 64bit 版から 64bit 版へ といった同じ bit 数の環境への移行のみです。

例) ○…IJCAD 2018 STD 64bit → IJCAD 2019 STD 64bit への移行
    IJCAD 2019 LT 32bit → IJCAD 2019 LT 32bit への移行
  ×…IJCAD 2018 STD 64bit → IJCAD 2019 PRO 64bit への移行
    IJCAD 2019 LT 32bit → IJCAD 2019 LT 64bit への移行

・IJCAD の日本語版 から 日本語版 への移行のみです。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント