フォローする

【ネットワーク版】「エラーコード:-97, The desired vendor daemon is down」の対処法

更新 : 2019-08-07 00:33:18 UTC

対象製品:ネットワーク版

 

ネットワークライセンスのクライアントマシンにて、以下のエラーが表示されることがあります。

 

2019-07-18_17h29_07.png

 

上記のエラーですが、サービスがうまく実行されていない場合に表示されるエラーとなります。

 

対応策

  • ポートの確認

ネットワークライセンスマネージャーにて、ポート番号のご確認をお願いいたします。

インストール直後はポート1が「27000」、ポート2が「default」となっておりますので、必ず数値をご入力ください。

ポートの設定内容を変更したら、LMTools を実行し、[Start/Stop/Reread]タブに移動して、サーバーサービスの再起動をお願いいたします。

 

  •  ポートの開放

クライアントとサーバー側でそれぞれ送信と受信が必要となりますので、ご確認をお願いいたします。

詳細は以下の記事をご確認ください。

【ネットワーク版】ファイアウォールの設定方法

 

  • アクセス権の確認

インストールフォルダ内の、下記ファイルのアクセス権をご確認ください。
(インストールフォルダはデフォルトだと C:\IJCAD NetWork License Manager にございます)

・licfile.lic
・liclog.log
・lmgrd.exe

「Users」にフルコントロール権がなければ、フルコントロール権を与えてください。

その後、[Start/Stop/Reread]タブで[Stop Server]→[Start Server]をお試しいただけますでしょうか。

 

  • サービスの開始
    Windowsサーバーの「管理」を起動します。
      起動方法が不明な場合は以下手順で起動してください。
      <手順>
      1. コントロールパネルを開きます。
      2. 右上の[カテゴリ▼]をクリックして[小さいアイコン]に変更します。
      3. 表示されたリストの中から[管理ツール]を選択します。
      4. 「サービス]をダブルクリックします。
      5.「管理」内に以下のサービスがありましたら右クリックより開始してください
       ・FlexNet Licensing Service または FlexNet Licensing Service 64
         (サーバー機のBit数によりどちらかが存在しています)

 

  • パスの再指定

パスの再指定を行ってから、再度 LMTools を再起動してください。

<パス再指定手順>
1. LMToolsを起動してください。
2. 「Congif Servis」タブ内、下記3つのファイルパスを [Browse] ボタンより再指定してください。

・Path to the lmgrd.exe file
・Path to the license
・Path to the debug log file

※ [Start/Stop/Reread]タブに戻る際にメッセージが表示されることがありますが、
その場合は「はい(Y)」を選択してください。

 

  • Config Servicesタブの確認

LMToolsのConfig Servicesタブで、Trusted Storage in Use等にチェックが入っているかどうかご確認をお願いいたします。

<手順>

1.LMToolsを起動

2.(添付画像参照)Config Servicesタブの

・Start Sever at Power Up

・Use Services

・Trusted Storage in Use にチェックを入れる(チェックが入っている場合は一度チェックを外したのち入れて頂くようお願いいたします。)

3.Start/Stop/Restartタブを開く

4.[Stop Server]→[Start Server]の順でクリック

 

  • サーバー機自体の再起動
    お手数ですがサーバーマシンの再起動をお試しください。

上記手順で改善されない場合、弊社までログファイルをお送りください。

 関連記事

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント